読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

障害のある人が働くということ。

少し前に、千葉県の市川市で「障害のある人が働くということ。それぞれの現場で感じること」というテーマでお話をさせていただく機会を得た。あれこれ考えた末、古書肆スクラムという取り組みをはじめてからの一年間についてお話させていただくことでこのテ…

古書肆スクラムのこと。

この日記を書くのも、ずいぶんと久しぶりになってしまった。暑さと忙しさと怠けグセのせいで、ほぼ1ヶ月くらいあいてしまったのかな。なので、ここのところなんとなく消化不良。読むほうはグイグイ読みまくっているので、そのぶん書かないとうまく消化できな…

出発地点。

いつも変わらぬご支援ありがとうございます。 おかげさまで、REDY FOR?(クラウドファンディング)で募っていた支援金の目標金額に到達することができました。これもひとえに皆さまのおかげです。本当にありがとうございます。 ですが、これからが本番です。…

東京ベンチと今のこと。

いまさらな話になってしまうけれど、東京ベンチの閉店について少し書いておきたいとおもう。お会いした方や身近な人には話してきたのだけれど、それをどこでどう伝えるべきなのかよくわからなかったし、その勇気もなかったので等閑になっていたから。でも、…

ちいさな街のつなぎの場。

現在、REDY FORで「障がい者の就労・自立支援、つなぎの場として古本屋を開きたい!」と題したクラウドファンディングを開始しました。 https://readyfor.jp/projects/koshoshi-scrum ちょっと長くなるけれど、あいおい文庫にはじまり、東京ベンチを経て(ぜ…

東京ベンチの真面目な話。

江戸川区にある瑞江という街に、「東京ベンチ」というブックカフェとデイサービスを融合させた新しいスタイルの場所(ケアブックカフェ)をつくった。職場でもなく家庭でもない、もう一つの居場所(サードプレイス)として、世代や人を選ばない居心地の良い…

東京ベンチの「ベンチ」のこと。

痩せるのはとても大変だけれど、太るのはとても簡単だ。 体質や健康状態にもよるのだろうけれど、これは多くの人にとっての真理なのではないかとおもう。たとえば好きなものを好きなだけ食べて、好きなときに好きな酒を好きなだけ飲んでいると、かなりの割合…

東京ベンチでつかまえて。

ものすごくひさしぶりに書くので、なんだかとても緊張する。と、この一行だけはスラスラ書けたのだけれど、どうにもここから先が進まない。しかたがないので音楽を聴いたり本を読んだりしていたら、窓の外はすっかり暗くなっていた。 時間が経つのは本当に速…