読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

掌。

子どもの掌をみていると、とても幸せな気持ちになる。


ぎゅうっとつかむ 小さな掌。


めいっぱいの掌。


まだ ぼくの半分もない小さな掌。


だけどその小さな掌には、大きな可能性をつかむ力がある。


まいにち まいにち 小さな掌でたくさんの発見をつかむ。


今ここに生きていることを確認するように、しっかりとつかむ。


発見をつかんだその掌を、ぼくの大きな掌が包みこむ。


しっかり生きているねと、まるごと包む。


はじめて出逢ったあの日にも、ぼくの掌の中にあった小さな掌。


大きな掌の中にある小さな掌は、小さくゆっくりと呼吸をしている。


小さな掌に顔を寄せてみる。


なんだか懐かしい匂いがする。


あたたかさと あたらしさと めいっぱいの匂い。


それと少しのミルクの匂い。


いつかその小さな掌が、ぼくの掌にあまるときがくるのだろう。


そのときは つなごうか。


それも いつまでかな…。


しわしわになった掌を、いつか包んでくれるのかな…。


子どもの掌をみていると、とても幸せな気持ちになる。


そして 少しだけ 淋しくなる。