読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

ほっとけない。

とにかく、ほっとけない。


ほっときゃいいのに、ほっとけない。


それでも、最近はずいぶんとほっとけるようになった。


ぐっとガンバって「関係ないじゃん」とほっておく。


でも、ぶすぶすと心の奥の方でくすぶる。


自分にもできることはなにかないかと探す。


それはいい。


問題なのは、毒をまき散らす人、毒を盛って歩く人。


ひとの心をざらつかせる人。


ほっとけばいいのに、のっかってしまう。


ばかだよなあ。


ぼくの中にある雑念にも惑わされて、ほっとけない。


期待、思惑、傲慢、偏見……


ほっとけない。


ほっておくというのは、大したこと。


大事な場面であればあるほど、ほっとけない。


けっきょくは、自分に負けちゃうってことか。


強い自分でありたい…とは思わないけれど、もう少しほっとける自分ではありたい。


百鬼園せんせいの随筆を読んでいると笑える。


おいおい、どうしようもないなあ…なんて。


せんせい、ほったらかしのことが多すぎるのでは?


でも、ぼくに必要なのは、せんせいの大らかさ。


せんせいの随筆「麗らかや」を読む。


笑える。


どうしようもないよなあ。


でも、ホントに素敵な人だなあ。


ほったらかしなのに、ほっとけないひとだ。


よし、ほっとこう。


大事なものは分かってる。


大切な人もいる。


帰るべき場所もある。


ほっとこう。


うん、ほっとこう。


イヤダカラ、イヤダ。

百鬼園随筆 (新潮文庫)

百鬼園随筆 (新潮文庫)