読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

おばちゃんのこと。

近所にある古本屋のおばちゃんと、ぼくはよく話をする。


子どものこと、お客さんのこと、古本のこと、古本屋のことなどについてグダグダと話す。


おばちゃんのところは古書組合に入っていないので、客買いだけで仕入れてゴシゴシと頑張る。


あまり代わり映えのしない棚…かと思えば、びっくり価格ですごい本が棚にささっていたりする。


大好きな古本屋さん。


うちの子が本をいじっても、嫌な顔一つせず、文句一つ言わない。


それどころか、子どもに必ず一冊プレゼントしてくれる。


うちの子は「ありがとう」と照れながら、いつものあいさつ。


「いいよ。また来てね」と、おばちゃんは微笑みながら応える。


いつだってピカピカの笑顔で迎えてくれる、キレイなおばちゃん。


でも、そんなおばちゃんも時たまコワイ顔になる。


「ねえ、古本が好きだからって古本屋にだけはなるなよ」


それを言う時だけは、いつだってコワイ顔になる。


だからぼくも「なんで?」とは絶対に言わない。


「なるわけないよ」と笑って返すようにしている。


まあ、なるわけないこともないのだけれど…たぶん、ならないだろうね。


たぶん…。


今日もそんなやり取りをしながら、愛すべき古本を買った。


おばちゃんから、買った。