読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

眠れぬ夜に。

痛み止めの薬を飲み忘れ、深い夜に傷が疼いて目が覚めた。
冷たい水を汲んできて、薬と一緒に一息で飲みほす。
だめだ。目が冴えてしまった。
さて、眠れぬ夜をどう過ごそうか。
どこまでも深く永く続くような、そんな夜。
夜がゆっくりと聴こえてくる。


森の木々たちが身を寄せ合って愛撫しあうおと。


静かな寝息。


蝉の求愛。


朝には捨てるラヴレターを書くおと。


遠く聞こえるオートバイの叫びは、もの悲しさのみを残す。


とりあえず、本でも読もうか。
夜の読書は、昼間の読書とは違う。
そこはかとない黒の中では想いが吸収されて跳ねっ返らないから。
読書灯のあたたかな光は、本とぼくとの距離をギュッと縮める。
もうなにもうけつけない。
さっきまで聴こえていた夜のおとさえも。
仕合せな瞬間と永劫。


深沢七郎の「笛吹川」を手に取る。
ぼくは夜を徹してこの小説を読む。
圧倒的な小説。
人生は走馬燈のようなもの。
悦びも哀しみに内包され、ぐるぐるとまわり続ける。
ひとの哀しみは何処まで続くのか。
永劫回帰
眠れぬ夜と笛吹川…なんだか似ている。
読みはじめたら眠れない。
いや、眠れぬ夜に読む本か。
どっちでもいいや。
仕合せと酸鼻な運命と眠れぬ夜。


やれやれ。いったい、いつまで続くのだろう。

笛吹川 (講談社文芸文庫)

笛吹川 (講談社文芸文庫)