読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

立ち止まって考える。

あれから10ヶ月。
あと2ヶ月で1年になる。
それがなにを意味するのか、ぼくにはよく分っていない。
時の経つのは速いのか、それともゆっくりなのか。
それすらもよく分らない。


それがなぜなのか言葉にできないのだけれど、
ここのところなんとなく不安定な毎日を過ごしている。
忙しくもない。
悩んでもいない。
からっぽな頭でいろいろなことをただ考える日々。
答えらしきものは見つからない。
そもそも答えなんてあるのかどうかもよく分らない。
分らないことだらけ。
だいたい自分は何をそんなに考えているのだろう。
実は何も考えていない?
ポーズ?


大好きな読書が捗らない。
気がつくと、同じ頁をずっと眺めている。
同じ本をずっと持って歩いている。
本を読むって、そもそもどういうことなのだろう。
ぼくはなんのために本を読むのか。
このモヤモヤを解消したくてまた考える。
考えたことを表現するため言葉にする。
言葉をカタチにしたくて文字にする。
文字が集まり文章になる。
文章がまとまれば本になる。


言葉は、文字は、文章は、本は、人にチカラを与えるのだろうか。
今日の、明日の、これからのチカラになりえるのだろうか。
なるのだとしたら、それはなんなのだろうか。
ちっぽけな自分にもなにかできることはないのだろうか。

考えたことは忘れたくない。
忘れてはいけないことを憶えていたい。
忘れないために何をすべきかと考える。
でも、さっさと忘れてしまうべき場所があることについても考える。
同じ時間に、同じ地球で、
忘れてはならないと思う人と、早く忘れてしまいたいと願う人がいる。
なんなのだろう、この差は。


そして、こんなことも考えてみる。
人の「オモイ」の難しさ。
慮って、よかれと思って、一所懸命に、言葉や行動にしてあらわす人がいる。
でも実はそれがズレていて、人に不快感や悲しいオモイをさせているとしたら…。
なにもしないよりも、それはきっといいことなのだと思う。
だけど、どんなにいいことをしているとしても、
ときどき周りを見ながら振り返るってことは必要だと思う。
そういう途中の点検みたいなことが、たぶんスタート時以上に必要になるのだ。


そんなことを、毎日ただただ考えている。
なんだか申し訳ない…。