読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

古本まつりを終えて。

「あいおい古本まつり Vol,3」が無事終了いたしました。
ご来場いただきました皆さま、宣伝にご協力いただきました皆さま、本当にありがとうございました。
パシャパシャと写真を撮ってみたので、イベントのなんとなくな様子を簡単にキロクしておきます。



1日目は曇天模様でしたが、2日目はカラリと晴れてくれました。



気持ちよく青空の下に並んだ古本たち。



トーク『3.11市民は何をキロクしたか』の様子。
あいおい古本まつりは、震災からおよそ2週間後にチャリティーイベントとして生まれました。
あれから1年。あいおいブックラボにとって、とても大きな意味をもつ企画であったと思います。



2011年6月、阿佐ヶ谷にオープンした古書コンコ堂さんのトーク。
いつも「いい本」が並ぶコンコ堂さんですが、「いつも」にはきちんと理由があるのでした。
またこっそりひっそり影の薄い客として買いに行こっと。



わさわさとやってくる古本者たち。
皆さんに、こうして足を運んでいただけるだけでぼくらは仕合せです。
いい本、買えましたか?



東雅夫さんによる、水辺の文豪怪談トーク。
話の切り貼りが上手で、どっからでもパチリと繋がっちゃうところに感動。
しかし、深いなあ…怪談というのはとっても深い。
深いテーマなので、お客さんもディープな印象でしたw



福原希己江さんのライブ。
よかった…。ホントによかった…。もう言葉にならない。
後日、動画ものっけてもう一度報告し直します。


次回は、たぶん8月頃になるかと思います。
よい本と楽しいイベント…夏が来るのなんてアッという間なので、今からもうドキドキです。
たくさんの人に喜んでいただけるような2日間を目指し、また明日からがんばります!
夏の日差しが晴海運河の水面でキラキラと反射する頃、またお目にかかりましょう。
ではでは…