読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

ちょっと。

友人が亡くなったという知らせを受けた。


ついこの間まで、とっても元気だったのに、この世の中からいなくなる時は、いつだってあっという間だ。


こういったことは今までに何度も経験してきている。


それでもやっぱり淋しい気持ちになる。


泪が溢れる。


決っして慣れるということはない。


自ら命を絶った人。


大往生で天寿を全うした人。


短い生涯をバイクで突っ走って、今も向こうで走り続けている友人。


身体の中で大暴れする病気と正々堂々戦い、最期まで諦めずに旅立って逝った友人。


なんで、みんないなくなってしまったのだろう?


友人たちと呑みながら、そんな話をした。


どんな死に方をしたとしても、それが幸か不幸かなんて判断は誰にもできない。


それでも人は、死から何かを学ばなくてはならない。ちょっぴりでもいい、何かを学ぶべきなんだと思う。


生まれてすぐに死んでいく子どもや、愛する人を残して無念のままに死にいく人、自らの命を絶つ以外に決着をつけられなかった人の死を、「運命」なんていう簡単な一言で片付けたくはない。


いや、たとえそれが運命であったとしても、記憶の中にとどめて生かしたい。


少しだけ…ほんのちょっとだけ、立ち止まって深呼吸。


なにか気づいたことはないだろうか…ちっぽけなぼくにもできること。


ちょっとの気づきによって変わる「分岐点」のようなものが、人生のうちにはあるような気がする。


ちょっと優しい言葉をかけるだけでいい。


ちょっと手を握るだけでいい。


ちょっと耳を傾けるだけでいい。


ちょっと周りを見回すだけでいい。


ちょっと抱きしめるだけでいい。


ちょっと…。


ぼくの記憶の中で生き続ける命たちが、いつも「ちょっと」と呼びかけてくる。