読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

かけがえのないもの。

数年前、ぼくは人から裏切られた。


悔しくて、情けなくて、心が爆ぜる寸前だった。


家族には心配をかけたくなかったので、海で少し時間を潰しながら心を抑え、ニコニコしながら家に帰った。


できるだけ元気に「ただいま〜」と声を出して、いつものようにぼくは玄関に立った。


子どもたちがパタパタと駆け寄ってくる。


そして、開口一番こう言った。


「ママ、なんでパパ泣いてるの?」


「えっ?パパ泣いてなんかいないよ」


ぼくは笑いながらそういったのだけれど、


「ねえ、なんでパパ泣いてるのかなあ?」


子どもたちはそういいながら首をかしげ、妻のほうを振り返った。


「あれ?ママも泣いてるよう」


妻は、半分笑って、半分泣いていた。


ぼくには、なんで妻が泣いているのか分からない。なんで…?


子どもたちはどうしたらよいのか分からないふうで、オロオロとしていた。


ぼくのガマンは、そこで限界に達した。


家族全員で泣きじゃくった。


わけも分からず、子どもたちも泣いていた。


妻はぼくの腕にしがみついて泣いていた。


くしゃくしゃの紙くずみたいな顔をしてみんな泣いていた。


ぼくは泣きながら、家族って最高だなと思った。


その日、ぼくは「かけがえのないもの」を見つけた。