読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハチドリのとまる場所。

大好きな本のこととか日々の考えなど、あれこれ。

再会と再生。

一方的な身勝手さで10年以上連絡をとっていなかった親友と再会した。


そのきっかけは途轍もなく切ないものだったのだけれど、しかしそうでなければ再会はなかったかもしれないとも思い、筆紙に尽くし難い複雑な心もちになる。


正直なところ、10年という時の重みに自分の不甲斐なさが加わり、まるで鉛の塊を背負ったかのような重圧感を覚え、再会することにひどくためらいを感じていた。しかし、そんなためらいなど呑み干してしまわねばならないほどの、ただただ圧倒的で理不尽な力に強く背中を押され、ぼくは鉛の塊の重さによろめきながら、親友との再会を果たす。


鉛の塊は、一瞬で粉みじんに吹き飛んだ。


長い空白の時を経ての再会だったけれど、同時にそれは再生の時でもあると信じている。


道程は、前へと長く延びている。